smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!
2017年9月16日~17日開催の

第5回スマカンの情報を発信中!!

お申込みお待ちしています!!


5月初旬にあずけて、

それ以来雨が降ることが多く

後続の事故車に先を越され

中々順番が来ませんでしたが



やっと私のロードスターが

フレーム修正機に乗っかりました!!



まな板の上のなんとか状態です(^_^;)

車体の修正では県内屈指の

武政自動車車体工業様

フレーム修正を頼んでいます(^O^)

外車もへっちゃらで治しちゃいます!!


フレーム修正中 

とは言え、

基準の数値がわからなければ

部品合わせの当てずっぽう

修正になってしまいます(^_^;)



そこで、ロードスター452の

フレーム修正用の寸法を手に入れました(^O^)


フレーム数値図面 


数値表 

共有しますね(^O^)


まず、この寸法になるまで

曲がったリアメンバーが付いた状態で

修正してゆきます



右後部のダメージの大きい所は

18トンの力が必要だった様です(^_^;)



後部のウインカーの付く当たりは

袋状になっていて

板金が難しいということだったので、

何時もお世話になっている

鹿児島県の岩崎自動車工場様

ロードスターの後部切り売りをお願いしました


何時もとても親切にして頂いています(^O^)


今回も快くお引き受けいただうえに

修正機を独り占めしている時間短縮のため

できるだけ早くとお願いしたところ


切り出し前 

その日のうちに切り取り

発送までして頂けました!!



荷物の追跡ページの片隅に

荷物重量 80Kg

相当重いです。


作業や梱包は本当に大変だったと思いますm(_ _)m





切り抜いたあと 

私は立ち会えませんでしたが

土曜日に訪問すると

車体が合体していました!!


メインフレームはそのままにし、

強度を保っていてくれています(^O^)



外側の貼り合わせ 

内側は、エンジンルームの

真ん中くらいの位置で

合体しています(^O^)


内側の貼り合わせ 

フレーム修正が完了し

金属部分はほぼ板金なし

車体は完成しました!!



エンジンの修理を急がなければ!!


様々な部品の購入に

岩崎自動車工場様には

本当にお世話になっていますm(_ _)m



紅のロードスターが復活したら

未だ見たことのない

桜島を見に妻と行きたいな~



でも、妻は事故のトラウマから

なかなか復活しそうに有りません・・・



でも、必ずお礼に行くぞ~





2017/05/30 | ロードスター | COMMENT(2) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
2017年9月16日~17日開催の

第5回スマカンの情報を発信中!!

お申込みお待ちしています!!


セルモーター回転せず・・・

の原因は判明し、

今は快調にエンジンが掛かっています!!






中古のセルモーターを装着する時

事前にメンテしておいた方が

良いと思います(^O^)


メンテの方法をご紹介します!!



ただ、セルモーターの交換は

結構めんどくさいので

私的には新品の装着をお勧めします(^_^;)


自分でメンテ交換する方への

参考情報と思って下さいm(_ _)m





まず、満充電のバッテリーを用意します。

スターターリレーの性能評価に電圧を使うからです

配線は写真を見て下さい(^_^;)


ここで重要なのは

セルモーターの回転不足には二つの原因があり

モーター本体の問題と

セルのスターターリレーの接触不良があります



スターターリレーとは







セルモーターの上にくっついて

電気の配線がある部分です(^_^;)


セルの軸を前に押し出しながら

銅板に接触させ、通電しています


スターターリレーの接点が悪ければ

セルモーターが回転する時に

電圧降下(電圧が下がります)



電圧降下の度合いにも寄りますが


当然セルモーターはヨタヨタ回転か

全く回らなくなります(TOT)



その電圧を画面中央右側の

小さなデジタル電圧計で確認しています(^O^)

電圧が10Vを切る様でしたら

スターターリレーがダメです

分解できないのでセルモーター交換です(TOT)


6_20170523064345390.jpg 

早速セルモーター本体を分解します

両サイドの長いネジを緩めれば

簡単に分解することができます(^O^)


後ろ側のコッターピンを外すと

カバーが外れます(^O^)


外して一番最初に登場するのが

ブラシ型モーターのブラシの相手側で



動作原理の命でも有るコミテーターです!!



1 



セルモーターは10万キロ走行でも

常時回っている訳ではないので




ブラシは殆どチビていません(^O^)


しかし、コミテーターをよく見ると

ブラシのカス(カーボン)が電極の間に

写真の様に詰まっています(TOT)






これがブラシモーターにとって

非常に厄介な状態です・・・


直流モーターは

回転しながらコイルに

プラスとマイナスの電気を

ブラシとコミテーターが連携して

交互に通電することで

100%実力を発揮します。


写真を見てみると

隣の電極との間に

ブラシのカーボンがぎっしり詰まっています(^_^;)



こうなると隣の電極にも

電気が流れますので、

モーターが回るのを

皆で抑制に掛かります(TOT)


2_20170523064339b18.jpg 



セルモーターの元気の無さは



殆どがコミテーターの隣接通電です


コミテーター接触面を傷つけないように

千枚通しなどで

丁寧にカーボンを削除します(^O^)


4_20170523064343e33.jpg 

取り除いたら

パーツクリーナーの延長ノズルを

コミテーターの溝にくっつけて

一つ一つ丁寧に洗浄していきます(^O^)


コミテーターの接触部分は

とてもデリケートなので

私は2000番のペーパーで

優しく磨きました(^O^)



3_20170523064341102.jpg 

どうせなら、と言うことで

外側の永久磁石電磁石の部分も

キチッと洗浄しておきます(^O^)





7_2017052306434799c.jpg 



これは、性能には影響ありませんが・・・



綺麗で気持ちが良いものです(^_^;)


5_20170523064344eb5.jpg 

全てキレイにして

組み込むだけですが





注意事項が有ります




シリコングリスなど軸部分に少し使いますが

あまり多く付けすぎると

回転部分ばかりなので 



遠心力ではじけ飛び

コミテーター部分に回り込み

その粘着力で、

カーボンが溜まりやすくなります(TOT)



メンテ前と、メンテ後の動画を撮りました!!





セルモーターが故障し

ヤフオクなどで中古部品を購入した際など


割りと簡単にできますので

お勧めのメンテです\(^o^)/



2017/05/23 | 電装・電気 | COMMENT(1) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
2017年9月16日~17日開催の

第5回スマカンの情報を発信中!!

お申込みお待ちしています!!


ロードスターのエンジンのダメージは

 ・ヘッドカバーの割れ

 ・ターボのエキマニの変形

 ・マフラー用スタッドボルトの折れ

 ・ダイナモの割れ

が主なダメージでした(TOT)



予備のロドスタのエンジンの

ヘッドカバーを外して使うのですが


そのままでは面白くないので



耐熱スプレーで

真っ赤に塗装しました(^O^)



ヘッドカバー 



ブレーキ用の耐熱塗料なので


熱は勿論、汚れにも強そうです\(^o^)/


塗った後 


赤くしたのですが・・・


イグナイターやインジェクション

吸気チャンバーを装着すると

殆ど見えなくなりますよね~



ま、車体色とオソロになったので

良しとします(^_^;)





ところで、ターボのマフラー取付部分

真円のはずが長丸に変形

鋳物でも曲がるのですね・・・


スタッドボルトも折れ

生き残っている曲がったスタッドも

完全に焼き付いて

外すことができません(TOT)


早い話はエキマニは使えません・・・



壊れたタービン 


そこで、以前から持っていた

BRABUS101ps 用の

エキマニハウジングを

流用することにしました(^_^;)


#コア部分が壊れているタービンです


別々に見ていたら

エキマニは同じ形状だと思っていたのですが・・・




取り外して並べてみると

明らかに違います!!




横からの比較 



80psのエキマニは


なんだか作りが雑です(^_^;)



BRABUSの方は

作りが綺麗なのと

盛り上がりも大きいと思います(^O^)



横からではわかりづらいので


真上から写真を撮りました!!



上からの比較 



左がBRABUS用 で右が80ps用


明らかに作りが違います(^O^)


排気効率を上げるために

配管を見直したのでしょう(^O^)




それにしても、BRABUS専用の

金型を作るなんて


凄いと思います!!


合体したタービン 


早速、組み付けました(^O^)

コアの部分は両方見比べたのですが

見た目では全く一緒です(^O^)


BRABUSのターボと

普通のロドスタのターボの違いは


(1)吸気側の入り口がテーバー処理されている

(2)エキマニが違う

(3)アクチュエーターの頭の部分が灰色
   《 多分強化されている 》



えらい値段が違うので

なぜだろうと思っておりましたが


小ロットの車なのに

専用の鋳物の金型を作っているから

高いのかな~



少し納得しました(^O^)



2017/05/21 | ロードスター | COMMENT(4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
2017年9月16日~17日開催の

第5回スマカンの情報を発信中!!

お申込みお待ちしています!!


現在赤いロードスターの現状は

車体は板金中で

部品は塗装中です(^O^)

エンジンはぼちぼち直しています(^_^;)




もう一台の黒銀スマートが

通勤の足となっていますが

ある日突然セルが回らなくなりました(^_^;)


自宅出勤時だったので

工具がなく修理もできず

仕方なく保険特約を使って

セントラル自動車まで陸送しました(^_^;)


予備で持っていたセルモーターと交換です!!


スマートのセルモーター交換作業は

セルモーターを外すまでに

沢山の部品を外す必要があり

結構めんどくさい作業の部類です(^_^;)


写真は有りませんが

無事セルモーターを交換し

エンジンをかけようとすると・・・


全く同じ症状です(T_T)



マジですか・・・

結構苦労したのに(T_T)


他に原因はないのか?

助手席下のヒューズボックスは?


早速見てみると


アチャー

完全に電気腐食になっていました(T_T)




端子の腐食 

腐食部分をアップで撮影

勿論コネクタ側も真っ青・・・


端子アップ 

これを磨いても

中のリレーがダメかも知れないので


予備のリレーと取り替えました(^O^)


さて、これで大丈夫でしょう!!




早速セルを回すと

症状は同じでした(T_T)




一体何が原因なの・・・

セントラルの工場長が

「もしかしてキーのところでは」

と言いながら

キーを回す時に強く押し付けると

あら不思議


セルが回りました(^O^)


早速シフトレバーの部分を

取り外して、分解です(^_^;)


奥の方にモジュールとして

スイッチが有ります



シフトレバー分解 

モジュールを

パッカーンとあけると

ものすごく単純な接点が出現

スマートに有りがちな手法です(^_^;)



摩耗状態 

赤丸の接点が

ダメージが大きいようです


早速接点を磨くことにしました(^O^)


金メッキがしてあるので

1500番のペーパーと

無水アルコールで

丁寧に磨きました(^O^)


摩耗磨き 

一応ピカピカになりましたが

出っ張っている接点の

金メッキがなくなりました(^_^;)


ま、大丈夫でしょう~



キーを回すと


ギュルーン!!


見事に復活です(^O^)







と思っていたのですが

翌日同じ症状が・・・


一体何時まで続くのか(T_T)

でも、明らかに掛かりやすくなっています



そこで、予備のシフトレバーから

接点モジュールを取り外し

移植してみると


完璧に治りました\(^o^)/



セルが回らないイコール

セルが悪いとは限らないのです(^_^;)


助手席下のヒューズボックスも

免罪です(^_^;)


年数を重ねてきた450の場合

セルが回らない時は

(1)キースイッチ

(2)助手席下のヒューズボックス

(3)セルモーター


の順番に点検したほうが

無駄な作業を

しなくて済みそうです


勉強になりました(^O^)


2017/05/16 | エンジン回り | COMMENT(4) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
2017年9月16日~17日開催の

第5回スマカンの情報を発信中!!

お申込みお待ちしています!!


エンジン・ミッション台座も完成しましたので

エンジンを半降ろしにして

状況を確認します!!


ヘッドカバーが割れています

ボルトの頭も折れてなくなっています(^_^;)


08_201704241000137d5.jpg 

エンジンのキャビン側(前側)にある

オルタネーターも・・・


アルミの部分と電気周りが

バリバリと割れています(^_^;)

09_201704241000157eb.jpg 


結構ぐちゃぐちゃになっていますが

意外と見た目だけかもしれません(^O^)


10_2017042410001651a.jpg 

エンジンを取り外しました!!

車体の方を確認してみます


11_20170424140403c15.jpg 


エンジン前部のマウントが

グシャっと曲がっています(^_^;)

曲がってダメージを少なくしていると思います


12_20170424140405e78.jpg 

エンジンをドラム缶の上に

降ろしたのは良いのですが

ガラスの腰をもつ私では

下に下ろすことができません(^_^;)


そこで、リフトを利用して

地面に降ろしました(^_^;)



13.jpg 


専用に作った

エンジン移動台車

ちょうどよい感じです\(^o^)/


13__1.jpg 


ブラバスのマフラーの

上側を固定する金具が

グニャっと曲がり

ミッション側の取付部が

割れて破損しています(TT)



14.jpg 



そこそこダメージがあります・・・が



ま、大丈夫です


直しちゃいましょう\(^o^)/



2017/05/05 | 未分類 | COMMENT(1) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
12位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR