smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

スマートのハイフロータービン到着!!


12月30日 一向に雨がやみません・・・


また、昨日届くと思っていた荷物が

なかなか届きません・・・


夕方になって

待ちに待った荷物の到着(^O^)


荷物到着 

プアマンズ様からの

今年最後の購入品です(^O^)


早速ダンボールを開けると

完璧なディフェンスの梱包に包まれた


アレが到着!!


梱包状態 

←左側が

ハイフロー加工した

ハイブリッドタービンです(^O^)


右側が→

専用のチューニングを施したECUです(^O^)


タービンとコンピューター 


専用チューンのECUには

その称号が打刻???


いや、赤いマジックで

その性能が証明されています(^_^;)


ハイフロー用ECU 


タービンの包には

純正のアクチュエーターが装着された状態の

ハイフロー加工タービンと

付属品が入っています(^O^)


付属品として入っている

ガスケットは
遮熱板が有りません(^_^;)


コレを使うとプラグコードが溶けそうです(^_^;)

使わないでおきましょう(^O^)


他には、オイル回りのガスケットと

オイルを充填するポンプが入っていました(^O^)

タービンと付属品 


加工されたタービンには

スマート純正の型番表示の上に


加工タービンのシリアル番号と

型式プレートが打刻された


プレートが付いています(^_-)-☆

カッコイイですね~


新しい型番 


カットバック加工されている

タービンインペラーを

純正と比較してみました(^O^)


左側が純正で、右側がカットバック加工済みです


後ろを削ったよ~


的なカットバックではなく

全体的な加工で排圧を落としているようです(^O^)


タービンインペラ比較 

シャフトの部分にも

耐久性を持たせる加工をしているそうですが

なにせ見えませんので・・・・


画像は有りません(^_^;)


一番気になる

コンプレッサー側の改造です


左ノーマル 右はハイフロー加工


ハウジング外側はノーマルを使っているので

全く同じですが

吸気口の内径が全然違います

ノーマルとの比較 


上の写真では

違いがわかりづらいので

同じ大きさの写真で比べてみました


コンプインペラ比較 

左がノーマルですが

一番端から奥に向かって

テーパー状に内経が小さくなっています


右のハイフロー加工した方は

内径が削られ、

インペラまでストレートの経です


インペラーが

一回り大きくなっています(^_-)-☆


実際に測ってみました

まずは、ノーマルの計測です


ノーマルの経 

インペラの部分まで押し込んで

実際のインペラ直前を計測しました

22.5φ


続いてハイフロー加工したタービンを

計測してみました

ハイフロの経

インペラーまで内径が変わりませんので

外の部分で計測しました


26.5φ


両方を面積で比較すると


ノーマルが 400平方ミリ

ハイフロが 550平方ミリ


なんと、

実行口径増量率

40% UP

これは凄いことだと思います(^O^)


見た目は全くノーマルですが

そのSPECは相当期待できます


まさに、

羊の皮を着た狼か !!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
12位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR