smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

スマートが加速時に突然吹けなくなる症状の改善成功!

以前から加速時に突然エンジンが吹けなくなる

と言う症状に悩んでおりました。

イグニッションのオンオフで走行しながら復帰するのですが、

上り坂だと結構後続車に迷惑をかけますし、

そのときのメータは青○のところが点灯します。

エラー点灯 
 #プアマンズ様のHPから写真をお借りしています””

原因はだいたいわかってきました。

日産180用のHKS強化アクチュエータとブーコンEVC-Sの組み合わせで

加給を制御しているのですが、制御の角が立っている様で

さすが可能な限りチューニングしたコンピュータでも

エラーと判断するようです。

この制御をもう少し緩慢にすると症状が改善されるのでは

と考え自作でオリフィスを作り、

ソレノイドバルブとアクチュエータの間に入れることにしました。

近所のDIYショップで380円にてアルミの丸棒7φ

を購入しました。

50cmくらいあるのでいくつでも作れそうです。


アルミの丸棒 

まず、必要な長さに切断します。

グラインダーにダイアモンドカッターを装着し

切ります。

このときに切れたアルミの部分を

絶対に触ってはいけません

一瞬にして皮膚が焼けてしまいました

お皿に水を入れてその中にペンチで入れて、

冷まします。「じゅっと音がします」

丸棒切断 

まず中心に穴を開けます。

今回は1.5mmと2mmの2種類の穴を開けました。

穴開け 

穴が空いたら、ホースが入りやすいように

両端にテーパーをつけ

抜けにくいように途中に溝を切ります。

この作業はアルミ棒を直接ドリルに挟み

ドリルを回しながらヤスリをあてることにより、

均一に彫り込む事が可能です。

穴開け 


完成したオリフィスです。


完成 

穴の径の違うオリフィス二つです。

2種類作成 

まずは、1.5mm径のオリフィスを装着します。


オリフィス挿入 

アクチュエータ側も差し込み 完成です。


オリフィス完成 

今のところ、立ち上がりもマイルドになり、

全体的に乗りやすくなりました。

効果有りです!!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
8位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR