smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

スマート実験用パネル黄色塗装開始しました

パネルの補修は良い感じにできましたので

いよいよ塗装工程に入ってゆきます(^O^)


塗装の場合、いきなり始めると

塗装後しばらく塗装部分に触れる事ができないため

移動ができなかったり、

無理していると、地面に接触させたりと


悲劇が待っていますので、


塗装工程をすべて想定して

それなりの対策を施しておく必要があります(^_^)


わたしは、塗装中の移動を考えて

パネルの裏側に取っ手を付けてみました(^O^)
 

裏側に穴が開いており、

吸盤力ではくっつきませんので

ガムテープ力でくっつけました(^_^;)


パネル操作用取っ手.jpg 


塗るための台座も大切ですね~


パネル裏側の取っ手にアクセスできるように

ダンボールを切り取っています(^O^)

 #写真は塗装後の写真です 塗装前の状況を撮り忘れておりました(-_-;)

台座の工夫.jpg 


もう一つ工夫があります(^O^)


冬といえる季節になりましたが、

スプレー缶で塗装するには最悪の条件です


スプレー缶の内圧がすぐに下がるからです


内圧が下がるとブツブツ塗装が始まります(-_-;)


DIYスプレーで塗装の情報では

40度位のぬるま湯で暖めながら

などとご指導がありますが


お湯はすぐ冷めてしまいます(-_-;)


そこで、私はダンボールにスプレー缶を入れて

ヘアドライヤーで温めます(^O^)


ドライヤーの風の強弱や、

ダンボールの蓋の開け具合で

好きな温度に設定可能です(^O^)


スプレー缶温め.jpg 


塗装で肝心なのは



下処理です!!




まずは、脱脂剤をスプレーボトルに入れて

パネルに吹きつけ

乾く前に綺麗なウエスで拭きあげてゆきます(^O^)


布に染み込ませて脱脂剤を塗布する方法もありますが

脱脂している実感がわきませんので


スプレーする方をお勧めします(^O^)


脱脂が済んだら

ホコリが付かない内に


ミッチャクロンを吹き付けます


ミッチャクロンは2度塗り位で

充分だと思います


塗装準備.jpg 


ミッチャクロンは完全に乾かす必要があります


朝9時にミッチャクロンを吹き付け

次の段階は午後3時としました


実は・・・ この日午前10時ごろから午後3時頃まで

季節風がすごくて・・・・


とても塗装が出来る状況では有りませんでした


やっと風も落ち着いたので

本番塗装の開始です!!


まずは、パネル裏側を

軽く塗装しておきます


必要あるの???


わかりませんが、プロが塗装したパネルも

裏側に少し塗りがあったからです(^_^;)

裏側を塗装.jpg 

裏側の塗装はすぐ乾きますので

ひっくり返して、表側の塗装に入ります


最初はバラ吹きで

塗装の乗らないところがないか確認します(^O^)


結構大切なフェーズです


バラ吹き.jpg 

この状態で塗装の乗らないところがあれば

すぐに乾きますので、処置をします(^O^)


今回は問題なかったので

重ね塗りを始めます(^O^) 


2回目の塗りで以外にも黄色くなります

やっぱり下地が白いパネルの効果だと思います(^O^)


2回目の塗り.jpg 

重ね塗り3回目ですが、

エポキシパテで補修していた所が

灰色のままなので

透過性が高いハローイエローでは

簡単には黄色くなってくれません

3回目の塗り.jpg 

4回目の重ね塗りです


やっと下地の影響が少なくなる

厚さになっったようです


灰色の補修部分が全く目立たなくなりました(^O^)


4回目の塗装.jpg 


上記工程は午後4時頃です


風を避けながらの作業でしたが

午後4時半ごろになると風がピタっと止まりました


チャンスです(^O^)


いよいよ最終仕上げの

2液型ウレタンスプレーで仕上げとしましょう


クリアー塗り.jpg 


世の中そんなに甘くはありません(-_-;)


風はピタと止まったのですが・・・


その直後、

ショウジョウバエが

シンナーの匂いに誘われて・・・


集結してきます(-_-;)


重ね塗り乾燥工程インターバルに

攻撃が始まります
Z(`▽´Z)


飛来してきたら手のひらで迎撃するのですが

少しの隙を突いて不時着されます(-_-;)


虫の攻撃.jpg 

あ~ 片方の羽が

ペチャ とくっついている(-_-;)

取り除かなければ・・・


とても小さいのでピンセットの登場です

背中の部分を摘み

上に引き上げます


羽が残りますが・・・


ピンセットが塗装面に触ってしまうと

元のもくあみです(-_-;)


虫との戦い.jpg  

結局クリアー塗装の時は

塗装している時間より


虫を取り除く作業が大変でした


なにせ、老眼で目は見えないし

ピンセットの先は震えるし・・・


塗装の虫取りは

チームバチスタに頼むべきです(^_^;)



 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No:1159|
塗装部屋が欲しいですね(^^)
2012/11/21 21:51|by RSK27|RSK27 URL|編集
No:1160|>RSK27様
>RSK27様、黄色い塗装は以前のブルーのメタリックより難しいのと、
塗料がたくさんいりそうです。

ホント室内で行わないと季節風の吹く今時は、
噴射された塗装の半分もパネルに届いていない感じです(-_-;)
2012/11/22 07:54|by -| URL|編集
No:1164|
ホントこれでバイクの塗装の時良くやられましたW

缶をドライヤーで温めるのは新手ですね!
ボクはベターにお湯というか熱湯でやってました♪
2012/11/23 21:31|by アラサー☆たっぱ|アラサー☆たっぱ URL|編集
No:1167|>アラサー☆たっぱ様
>アラサー☆たっぱ様、ドライヤーで暖めるのとっても便利ですよ~ 意外とチンチンに温まります(-_-;)
2012/11/24 11:10|by -| URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
7位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR