smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

スマートの純正スロットルとビックスロットルの比較

スマートのスロットル大型化への準備として

本当に取付が可能か?

純正とどの位違いがあるか、

実際に比較してみました(^_^)v


色々準備して、

取付ボルトの位置が違う・・・


なんて事になったら折角の苦労が

水の泡になりますので、ここは慎重に(^^;)


吸気側を写真で比べてみると、

大丈夫か??? と言うくらい

ボアの大きさが違います(^^;)

イン側の比較.jpg 

そこで、ボア径を計測してみました

純正の流入口と流出口の一番端のボア径は

36mmです

バタフライ部分は少し絞り込まれていますので、

30mmです

純正の径.jpg 

ビックボアのスロットルの場合は

流入口の端のボア径は

47mmです

流出口の端のボア径は

45mmです

バタフライ部分は少し絞り込まれていますので、

40mmです

大きい方の径.jpg 

バタフライ部の面積で比較すると

純正は 7cm2

ビックは 13cm2

面積比として約 1.7倍となります(^^;)

こんなに違って大丈夫???


流入口も計測します

異径のシリコンホースを購入する必要があるから

大きい方外径.jpg 

ビックボアの流入口外径は

約54mmです

流石でかいです(^^;)


純正のホースの外径は

約40mmとなっていますので、

40mm-54mmの異径ホースが必要になります

調べてもこのサイズ中々見つかりません(^^;)


ボルト位置を確かめてみます

純正のネジ.jpg  大きい方のネジ.jpg 

純正は約63mmで

ビックボアは約63mmと

ピッタリ一致します(^_^)v

取り付ける事はできそうです(^o^)


続いて、全体的な高さの比較をします

意外にも、純正の方が

約10mmも高いのです(-_-)

ビックボアが短い所は、

流出側で、此処が短いと

ブローバイなどのパイプと干渉します(-_-)

高さの差.jpg

この約10mmの差違を埋める

スペーサーを調達する必要があります

でも、そんなスペーサー売ってないよね~

と思ったら、
サイトに発見!!

でも、今は欠品中とのこと


写真を見ると、内側に異径の干渉を緩和する

テーパー加工がなされていないので

作りはイマイチ(-_-)


アルミスペーサーの自作と言う

新たな分野に

挑戦出来そうです(^_^)v


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
11位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR