smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

友人からスマート中古車情報を頂きました

スマート黒銀の割れたパーツ群

3日くらいで全部揃いました(^o^)

来週中くらいには3日程度の入院で

キレイになって帰ってきそうです(^_^)v


今日は、古い私の友人から情報をご紹介します。

友人はクルマ業界ですので、

軽自動車情報と言う業界紙の記事を送ってくれました。

ジャーナリストの吉村様の書かれた記事です。

「スマート人気に秘密は輸入車だから?」

と言うタイトルの記事です。


この記事にはスマートの中古車について

詳しい情報があり、とっても為になります(^_^)v

吉村様が分析した内容にすこし私なりの

コメントを入れて、ご紹介致します。



超個性的な計中古車が売れているそうだ。ネイキッド、ツイン、コペンなども、そうした中古車のひとつだが、されに上を行くクルマが存在する。国産車ではない。輸入車なのだ、もちろん軽自動車。そうスマートクーペである。

~中略~

平成10年から同16年の7年間に渡って日本市場でうられた。この間の新車販売台数累積7884台

~中略~

これに対して中古車販売台数は、本年6月までで7395台となる。

~中略~

新車で販売された車の94%が既に中古車市場に出回っている勘定。
 #複数ユーザの渡り、廃車は考慮せず

~中略~

要は新車購入から大切に乗っているユーザー数が非常に少ないわけだ。

そうかな~ 

壊れない限り乗り続ける人もかなりいると思うけど~

ただ、スマートクーペの中古車は、根強い人気に支えられてきている。平成14年以降、コンスタントに年間800台以上の販売台数を記録していることからも、そうした人気の高さが伺われるところだ。その理由を某専業者筋はこう語る「輸入車という高級なブランドイメージに支えられているのが第1の理由。

そーかな~

私は第1はデザインだと思うけど、

日本の軽四でスマートのデザインに勝てる

クルマは皆無だと思うけど(^_^)v

~中略~

輸入ブランドに弱い日本のユーザーの心を揺さぶるクルマなのである。

少しは有るかも

~中略~

扱っている販売店は、大半が輸入車専門である。スマートクーペを、国産の経中古車と混合で売っているところは非常に数が少ない。それほど、別格!の経中古車なのである。

普通の軽自動車の販売店ではメンテはおろか、

購入時の査定や、

販売時のリスクが判らないからだと思うけど~

 現在の中古車の中心的な年式は平成10~13年のもの。年落ちで見ると10~13年落ちとなる。しかし、中古車の才田価格帯は40万円台、10年以上も経過した年式のクルマが、この価格で売られている。ちなみに40%台の比率は26.09%、これに続くのが50万円台の22.83%、60万円台の18.48%、30万円台の14.13%、80万円台の8.70%70%台の7.61%、20万円台の2.17%となる。最多は40万円台であるものの、50万円代以上の占める比率は実に57.61%になってしまう。それなりに強含みの推移の価格。これも、出回りの絶対量のすくなさからくるといえる。
高価格の背景には、良質な中古車が多いことがあるようだ。「国産の経中古車に比べると、全般的に程度の良いクルマが多い。前のオーナーのメンテの良さと、セカンドカー的な使い方をしたクルマが大半なため。

これはその面も有りますが

私の分析では

買いたい人がいるから価格が維持出来る

ずっと前から欲しかったけど、

高かったので買えなかった・・・

中古車の価格なら購入可能になった

この様なユーザーが多いと思うけど~

~中略~

全体の23.08%の中古車が4万km台しか走っていない。これに続くのが5万km台の18.46%。メンテがしっかりされたクルマが多いので、4~5万kmだと、故障の心配をしなくて乗れる。

これは、間違いです(-_-)

10年の経年劣化もありますよ

4万kmでも、

ステアリングのスパイダージョイントが固くなったり、

クラッチアクチュエータが故障したり、

ウオーターポンプが故障したり、

雨漏りがしたり、

サイドウインドウのストッパーが壊れたり、

後輪のブレーキシリンダーからオイル漏れしたり、

結構大変ですよ~

~中略~

神奈川県の国産車を扱う某専業者のコメントが特に印象的であった。「タマ数の絶対量が極端に少ないために、一般のオークション会場ではまず出品されてこない。要は仕入れが難しいのである。次が仕入れた後、メンテ時のパーツ手当が大変なこと。輸入車ディーラーに依頼するわけだが、完全に後回しになり、納入まで数ヶ月かかる。(ちょっとオーバーかも?)これでは商売にならなくなってしまう」などそうした理由。輸入車という”特別な壁”が、中古車流通を特殊化しているようだ。

と締めくくっていますが、

パーツはヤナセに頼めば、

結構直ぐに入手出来ますよ~


要するに・・・


自社でメンテする能力が無いから

扱えないと言うところが本音ではと

私は結論づけました(^o^)


高知の普通の中古車販売店に、

スマートがあると聞いたので、

今日、どのような状態か見てきます(^o^)

スマートおやじのチェックは

多岐にわたり、

販売店の方は嫌がるかも(-_-)



関連記事
スポンサーサイト

2011/12/17 | その他smart | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
12位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR