smartをこよなく愛し、少しでも便利で良い車にしようと奮闘する記事を掲載します。スマートの整備情報満載でです!!

スマートの加速時の△!で吹けなくなる症状の原因解明

以前から悩まされている

加速時にエンジンが吹けなくなる現象への挑戦です。

トラクションマーク△!が点きます。

イグニッションのオンオフで回復するのですが、

回復して直後の加速でまた現象が発生したりするので

結局ブーストコントローラの電源を切って、

アクチュエータの処理のみでの走行を余儀なくされます。

特に自動車道では症状が

多発するので困っていました。

原因はコンピュータのブーストマップとの不一致だと思います。

そこで、ブーストコントローラEVC-Sが良くないのか

HKSの強化アクチュエータが良くないのか

切り分けるためにとりあえずアクチュエータを

純正に戻してみることにしました


■純正と強化とのバネレートの違い■

純正のアクチュエータのバネは

ロッドを親指と人差し指で掴んで引っ張ると

軽く動かせる程度のバネレートです。

それに比べHKSの強化アクチュエータは

がっちり握って思いっきり引っ張らないと

動かないほどガチガチのバネレートです。

■===============■

HKSの強化アクチュエータの取付状況です。

交換前の強化アクチュエータ.jpg 

取り外しました。

取り外した強化アクチュエー.jpg 


■純正アクチュエータの構造の調査■

まずは分解しての調査です。

内部構造

調査結果を図面に起こすとこんな感じです。
実際は後ろ側のダイアフラムのプッシュパイプ
部分にはパッキンがあり前の気室と
真ん中の気室は分離されています。
3つの気室で構成されており、
一番右側が主アクチュエータ部分です

純正アクチュエータの仕組 

それにしても、とても複雑な制御を

するのだなという構造です。

■==============■


そして、純正のアクチュエータを取付

交換後の純正アクチュエータ.jpg 

そして、自動車道を含めて、様々な走り方をしたのですが

今のところ症状は全く出ません。

強化アクチュエータに比べると

立ち上がりがマイルドになりましたが、

おそるおそるアクセルを踏むよりはましです。

これでブーコンは免罪だと言うことが判りました。

これから適正なレートの強化アクチュエーターを

探します。

今はブラバスのアクチュエータか

ロードスターのアクチュエーターを

取り寄せることができないか調査中です。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No:49|そうですね
スマートのCPは許容範囲が狭いので、あまり外れた制御にはすぐに拒否反応を示しますね。ちなみに僕の車はブーストが不安定なので、viviviさんの記事を参考にアクチュエーターのロッドを調節してみたいと思います。それからロードスターの部品でよければ僕の車で、細木君から取っていただいて問題ないです。
2010/12/23 01:38|by RSK27|RSK27 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

smartおやじ

高知県高知市在住で、株式会社シティネットを経営しています。
家族と車が大好きな渡邊基文です。宜しく!!

セントラル自動車

セントラル自動車では、スマートを専門に整備・販売を行っています。
スマート以外でも日本車・欧米車の整備・車検も承ります。
車を愛するすべてのオーナー様のサポートをミッションとしています。
検索フォーム

スマートおやじ 御用達のプアマンズ・パーツ・ストアー!!!

スマートおやじのブログを見て連絡しました!! と言って頂くと嬉しいです(^_^)v
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
8位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
QRコード
QR